か行

■かいべつ

キャベツの事です。イントネーションはキャベツと同じです。

■がおる

疲れる。精根尽きた状態になること。「我を折る」が語源。

例)「おめ、ずんぶ、がおった顔してるな」
  「胃、切ってまってな、わやよ」

■かくまき

毛布のような厚い四角い布で、ふちに房がついている婦人用防寒衣料。
四角い布を巻くから角巻きだという説と、えりもとでかき合わせるように着用するから
掻く巻きだという二説があります。

■がさい

ださいこと、陳腐なことです。 イントネーションはがさいです。

例)「おめの車、ずんぶがさいなあ」
  「なんもよ、おめの車の方ががさいんでないか」

■がさえび

シャコのこと。すしのネタとして賞味されます。
エビに似た形で、ガサゴソはい回るところから名づけられたようです。
イントネーションは、がさえびです。

■がさになる

かさばることです。 イントネーションはがさになるです。

例)「もうおみやげ、買わないの?」
  「あんまり買えば、がさになるから、もういいんだ」

■かしがる

傾く事です。イントネーションはかしがるです。

例)「この家、少しかしがってるんでないか」
  「んだ、土台、腐ってきてるみたいだんだ」

■かすべ

食用のエイのことです。イントネーションはかすべです。

■かぜる

仲間に入れることです。「かてる」「かでる」「かだえる」とも言います。
イントネーションはかぜるです

例)「わたしも、かぜてくれない?」
  「いいよ、かだりなさい」

■かだる

仲間に入ることです。「かぜる」との違いは、仲間に入れる方と、入る方との違いです。
また、一緒に着いて行く事、お供することも、かだると言います。
イントネーションはかだるです

例)「あんたも行くかい?」
  「したら、わたしも、かだって行くわ」

■かちゃっぺない

品位がない、貫禄がないという意味の形容詞。浜の方で使います。
イントネーションはかちゃっぺないです。

例)「あったら、かちゃっぺない先輩だら、やだな」
  「おお、嘘こきだしよぉ」

■かつける

「かっつける」「かずける」と発音する人もいます。
責任を他に転嫁する、罪を他人になすりつけるという意味です。 イントネーションはかつけるです。

例)「あいつだら、すぐ、人さかっつけるもな」
  「なまずるいんだ」

■がっちゃき(ぎ)

痔のことです。イントネーションは平板です。

例)「やいや、がっちゃぎ出できて、参ったでや」
  「さみぐ(寒く)なってきたからな」

■かっちゃく

引っかく、かきむしるの意味です。 イントネーションはかっちゃくです。

例)「ねご、からがってだら、かっちゃがれだでや」
  「あれあれ、しっといもんだな」

■がっつがっつ

動作や行動に思いきり力を入れて、繰り返したり持続する様子に使う副詞です。「ばっつばっつ」、「のっつのっつ」と言う人もいます。
イントネーションは平板です。

例)「やまの道、自転車で走ってたら、くま、でできてよ」
  「して、どやったのよ」
  「がっつがっつ自転車こいで、逃げできたァ」

■かっぱがる

物がひっくり返ることです。 イントネーションはかっぱがるもしくはかっぱがるです。

例)「あんまりスピード出せば、このわだちだもの、車もなんもかっぱがってまうど」
  「なんもさ、いっつもこやって乗ってらんだ」

■がに

カニの事です。

例)「このガニ、ぜんぜん身、入ってないな」
  「月夜だったからな」

■がばすけ

大きい、多い、長い、被害などの程度が、尋常でないときに使う修飾語です。のっつり、のっこり、がっつりとも言います。 イントネーションはがばすけです。

おれの車、がっつり、ぶつけられだとか、おらいさ、泥棒入って、がばすけ、持っていがれだ のように使います。

■かます、かまかす

かきまぜることです。

イントネーションはかます、かまかす です。

例)ちょっとそのなべ、かましておいでけれ。

■かまどかえす

「かまどかやす」と言う人もいます。倒産する、破産するの意味です。「かまど」が世帯という意味に使われるのは全国的なものですが、「かまどかえす(かや す)」が倒産するの意味に用いられているのは、青森・秋田・岩手の各県で、この方面からの渡来語だとされています。

イントネーションはかまどかえす、かまどかやす です。

例)「やいや、娘4人も嫁に出すんだら、かまどかえしてまうでや」
  「そったらごとゆったって、しょうがねんだ、自分のむすめだもの」

■からっぽねやみ

からっぽのやみともからっぽやみとも言います。平板なイントネーションです。
これは、どこも痛くないのに、あそこが痛い、ここが痛いと理由をつけては、仕事を休んだりする人、要するに怠けもののことを言います。
からは、「空手形」などと同じ「空」の意で、ぽねは「骨」、やみは「病み」の事だと思われます。

例)今日も仕事休んで、あいつだら、ほんと、からっぽねやみだ。

■かんかん、がんがん

かんかんは、缶の事。がんがんは、醤油の一斗缶や、オイルの缶のような缶を
指します。

例)「どっかに、がんがん、ねがったが?」
  「これがい?」
  「そったら、かんかんだら、だめだ」

■がんぜ

エゾバフンウニのこと。東北地方、佐渡ヶ島などで、ウニのことを「がぜ」と言っているのが伝えられ、「がんぜ」となまったもの。

例)「海さ、がんぜ、とりに行くべ」
  「水中めがね、持って行った方がいいな」

■がんび

シラカバ、ダケカンバなどの木、およびその木の皮のことです。皮は「がんぴganpi」ともいい、ストーブなどの焚き付けに用いられました。 イントネーションはがんびです。

例)「焚き付けなぐなったから、がんびの皮とってきといでけれな」
  「わがった、学校の帰りに取ってくる」

■がんべ

頭部にできる吹き出物のことです。
余市には、シリパ山の隣の方に、ガンベ山という山もあります。
イントネーションはがんべです。

例)「なんだこの、おたんこなすの、がんべたがり」
  「うるせ、おめのほうが、鼻たれのくせして」

■きかない

わんぱくな、乱暴なという意味の形容詞です。

例)「この子だら、ほんとにきかないんだから」
  「なんも、うぢの子のほうが、もっときかないさ」

■きもやける

腹が立つ。いらいらする。はらわたの煮えくり返る思いのことです。
イントネーションはきもやけるです。

例)「やいや、あったらやづに負げたがと思ったら、きもやげで、きもやげで」
  「おらも、おめの気持ぢ、わがる」

■きりあげ

季節が限られる仕事で、労働の期間が終了・休止する場合に使われます。
また、その時に行われる納会のことをも指します。

例)「おめのどご、きりあげ、いづよ」
  「おらほは、来週だ。」

■くき

群来と漢字を当てます。
ニシンの大群が海岸に押し寄せてくること、またその状態を「くきる」と言っていました。

■げっぱ

最下位の意味。げれっぱ、げれとも言います。
イントネーションは、げっぱです。

例)「俺、走るのはいっつも、げっぱでよぉ」
  「それだらいいさ、おれだっけ、試験がげれだったでや」

■けっぱる

がんばるの意味。「蹴張る」と「気張る」と語源に二説があります。
イントネーションは、けっぱるです。

例)「うしろから来てるよ、けっぱって!」
  「ほら、もう少しだぁ、けっぱれぇ!」

■ける

人に物をあげることです。共通語の言い回しの「くれてやる」は「けでやる」になります。あげないことは「けねえ」になります。 イントネーションは、ける、けでやる、けねえです。

例)「これ、おれさ、けねえか?」
  「おめみてえなやづに、誰、けでやるってよ」

■げんのう

かなづちのことです。共通語のように、泳げない人のことを、「げんのう」とは言いません。
イントネーションは、げんのうです。

例)「このスケソ、固いな。」
  「どら、待で。いま、げんのうで、少したたいて来てやる」

■こく

言う、する。
イントネーションは、こくです。

例)「また、うそ、こいてよぉ」
  「なんもだ、うそこいでない」

■こごむ

全国共通語の「かがむ」の「a」の音が「o」に変わって使われています。
イントネーションは、かがむと同じです。

例)「だまって、こごんでれや、立でば、ばれるからな」
  「やいや、リンゴかっぱらうのも、ゆるぐねえな」

■ごしょいも

じゃが芋、馬鈴薯の事。一株で五升も収穫があることから、「五升いも」と言った。
イントネーションは、ごしょいもです。

例)「子供ら、いっぺ連れで、どごさ行ぐのよ」
  「ごしょいも掘りさ、行ぐ」

■ござっぺ

ハゼ科の淡水魚で、ウキゴリの異名です。ごだっぺ、ごだらっぺとも言います。
イントネーションは、ござっぺです。

例)「ござっぺ、取りに行ぐべ」
  「待ってれ、網持ってくるから」

■こまい

小さいという意味です。イントネーションは、こまいです。

例)「こまいお金、ないかい?」
  「なんぼさ?」

■ゴミステーション

ゴミの日にゴミを出す、木やコンクリートで造った指定の場所のことを北海道ではこう言います。特になまっているわけではないのですが、本州では通じないようです。

■ごめ

カモメのことです。津軽地方の呼び方が、全道的に広まったとされています。
イントネーションは、ごめです。

例)「あれ、ごめだべか」
  「似でるけど、ウミネコだ」

■ごもめく (ぐ)

ぶつぶつ不平をいうさまの事です。 イントネーションは、ごもめくです。

例)「やいや、かがあに、ごもめがれでまいったでや」
  「まだ、てっぱい飲んでかえったんだべや」

■こわい

疲れた時の感じ。疲労感の事。 イントネーションは、こわいです。

例)「ああ、こわい、こわくて、こわくて、どもならないや」
  「そういうずぎは、はえぐ寝るのがいぢばんだ」

■ごんぼほる

駄々をこねる、無理を言うという意味です。「ごんぼ」はゴボウの事で、地中に長く伸びているゴボウを掘るのはなかなか骨が折れ、始末に追えません。だだをこねる子供をなだめすかすのも、骨が折れる事から生まれた言い方だとされています。
イントネーションはごんぼほるです。

例)そやって、いっつまでも、ごんぼほってだら、つねられるんだよ!
posted by Yoichi at 21:38 | 余市弁